こんにちは、旅のみかたのヒロヒロです。

 

この記事は、2017年11月に嫁と出かけた初めてのフランス旅行の7日間を書いた「フランス旅行記 パリ・モンサンミッシェル・ベルサイユを巡る!前編中編後編」の詳細情報やお役立ち情報バージョンとして書いたものです。

そのため重複している部分もありますが、楽しんで読んで頂けると幸いです。

 

それでは、旅のみかたのスタートです。

 

パリ市内を縦横に走るパリの地下鉄メトロは、乗り換えも分かりやすく、旅行者にとって安全で最も便利な交通機関です。

 

地下鉄メトロの路線は、パリ市内に14路線が運航していて、高速近郊鉄道(REC)と併せて利用すれば、パリ市内20区をほぼカバーしているため、移動は非常に便利です。

運行時間は、早朝の5時30分頃から翌日の0時30分頃(土日は翌日の2時過ぎ)まで運行していて、運行間隔も、日中は5分から10分間隔で運行しています。

地下鉄メトロの路線図は、パリ市交通公団(RATP)が発行していて、駅や観光案内所で手に入るほか、ウェブサイトからPDFファイルでダウンロードすることもできます。

また、スマートフォン用の無料アプリもあり、路線図が見られるほか、路線の検索もできます。

 

[駅の探し方・看板の見方]

駅を探すには、地下鉄メトロの看板を探します。

看板は数種類あり、二重丸の中に黄色のMマークが描かれたものと、METROやMETROPOLITAINと書かれたものがあります。

 

[切符の買い方]

切符の種類:地下鉄メトロ乗車の距離に関係なく、すべて均一料金です。

切符はチケ・テー・プリュスといい、1回券が1.90ユーロで、カルネと呼ばれる回数券(10回券)が14.50ユーロです。※切符の料金は変更されることがあります。

 

有人切符売場:1回券なら「アン・ビエ・スィル・ヴ・ブレ」と言う。

自動販売機:表示はフランス語で英語に切り替えが可能です。

購入には、コイン、紙幣、クレジットカードが利用できます。(紙幣が使えないタイプあり)

購入手順は①切符を買うか、ナヴィゴ(IC式乗車券)にチャージするかを選択。

②1回券かカルネかを選択。

③数量を選択。

④お金かクレジットカードを入れる。

※中央下部にあるローラーを回して選択する、決定なら右側の「VALIDER」、取り消しなら左側の「ANNULER」のボタンを押します。

 

[トラベル・パスの種類]

●パリ・ヴィジット:パリ市内の公共交通機関が利用できるツーリスト向けのパス。利用ゾーンと日数で値段が違います。

●モピリス:1日乗り放題の乗車券。利用ゾーンで値段が違います。

●ナヴィゴ・テクーヴェルト:IC式乗車券。チャージして利用します。

●チケ・ジュネ:土日祝日のみ26歳未満が利用できるチケット。利用ゾーンで値段が違います。

 

[ホームへの行き方]

改札はすべて自動改札。

切符を入れると刻印されて、取り出すとドアが開くか、ターンバーのロックが解除されるので押して入ります。

ナヴィゴは上部にかざします。

構内の路線番号と終着駅が表示された案内板を見て、ホームを示した矢印の方向に進みます。

 

[乗車の仕方]

ドアを開けるときは手動式が多いので注意が必要です。

乗車する人がいないときは、自分で開けます。

降車の際も同様です。

取っ手が付いているタイプと押しボタン式のものがあります。

ドアが閉まるときは自動です。

 

[降車の仕方]

車内アナウンスはないので、乗ってから幾つめの駅で降りるか確認しておくこと。

ホームには大きく駅名が表示されています。

 

[乗り換えの仕方]

乗り換える場合は、表示板を探して、そこに示されている矢印の方向へ進みます。

駅から出ずに乗り換えられます。

 

[駅からの出方]

降車したら案内図を見て、目的地に近い出口(SORTIE)から出る。

その際に切符は必要ありません。

 

(旅の小ネタ)

駅から出るときは、切符は必要ありませんが、車内で検札が行われることがあるので、駅を出るまではなくさないようにしましょう。

 

【旅のお役立ち情報】

パリの地下鉄メトロでは、工事がよく行われていて、駅が閉鎖されていることがあります。

RATPのウェブサイトや駅構内の案内板などで、利用する前に確認しておくことをおススメします。

今回の旅行でも閉鎖中の駅がありました。

 

 

パリ市内のフリータイムでは、地下鉄メトロが大活躍しました。

大活躍の様子は「フランス旅行記 パリ・モンサンミッシェル・ヴェルサイユに行ってみた!後編」を読んでいただけると嬉しいです。

 

どこに行くのも地下鉄メトロを利用しました。

3日間での利用回数は20回にも達して、ふたりで40枚の切符を利用しました。

購入はすべてカルネです。

外国の地下鉄というと怖いイメージがありますが、夜中に利用した時も地元の若い女性がひとりで乗車していました。

旅行者にはおススメできませんが、東京の地下鉄と同様に安全な乗り物のようです。

パリ市内を思う存分楽しみたいなら、地下鉄メトロの利用をおススメします。

 

事前に路線図を入手して研究してみてください。

楽しい旅ができることを請け負います。 旅を楽しみましょう!

 

フランス旅行7日間の旅行記とお役立ち情報の記事をを分かりやすく一覧にまとめました。 フランス旅行の計画の参考や観光する際の参考になるようにまとめてありますので、活用していただけると嬉しいです。

フランス旅行記&お役立ち情報 まとめ記事

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。