旅してますか?旅が好きですか?

こんにちは、旅のみかたヒロヒロです。

今回は、個性派の富良野グルメを満喫する北海道旅行記です。

 

ご当地グルメの富良野オムカレーをはじめとするメニューはもちろんのこと、お店の内装などにもこだわったオリジナリティ溢れるお店が勢ぞろいする富良野タウンを満喫しましょう!

 

「唯我独尊」

観光の最盛期ともなるとお店の前に行列ができることが多い、富良野カレー発祥のお店です。

味の決め手となるのは3日間かけてじっくり炒めた富良野産の玉ねぎです。

これに30種類近くのスパイスを加えることで、野菜の甘みとほどよい刺激がマッチして口の中に広がります。

自家製ソーセージも評判の一品です。

おススメは「自家製ソーセージ付きカレー」1150円です。

住 所:富良野市日の出町11-8

電 話:0167-23-4784

時 間:11時~20時30分

休 日:月曜日

駐車場:15台

 

「くんえん工房 Yamadori」

燻製工房を兼ねた小ぢんまりとしたレストランで、名物の富良野オムカレー1080円が味わえます。

たっぷりかかったカレーソースは、コクのある甘口な仕上げです。

自慢の手作りソーセージは肉の風味をしっかり感じる本格派です。

住 所:富良野市日の出町4-14

電 話:0167-39-1810

時 間:11時~15時

休 日:木曜日

駐車場:4台

 

「カレーのふらのや」

北海道産のトンコツと鶏ガラ、富良野産野菜などを12時間以上煮込んだブイヨンがベースのカレーが味わえます。

スリランカ産の香辛料を使い、ほどよくスパイシーでサラサラの食感に仕上げたスープカレーは、2008年のオープン以来たちまち人気になった美味しさです。

まろやか風味のルーカレーも揃っています。

おススメは「道産野菜のスープカレー」1180円です。

住 所:富良野市弥生町1-46

電 話:0167-23-6969

時 間:11時30分~22時

休 日:不定休

駐車場:10台

 

「てっぱん・お好み焼まさ屋」

View this post on Instagram

渣左咁耐車, 點都要食下富良野咖哩 😍 #お好み焼まさ屋 #furano #hokkaido #japan

A post shared by All by iPhone (@instalvintai) on

熱々の鉄板上で調理するバターライスと、上富良野産の豚トロの香りが鼻腔をくすぐるオムカレーです。

赤ワインたっぷりのデミグラスソースとカレーのとろける味わいもたまりません。

関西風ミックス玉800円や、鉄板焼きそば800円などの定番メニューも外せません。

おススメは「富良野オムカレー」1080円は人気の一品です。

住 所:富良野市日の出町11-15

電 話:0167-23-4464

時 間:11時30分~14時30分、17時~21時30分

休 日:木曜日

駐車場:7台

 

「くまげら」

空知川に埋もれていた木「やちだも」でできたテーブルやタマネギの皮で染めたのれんなど、富良野らしさにあふれたお店です。

地場野菜やふらの和牛はもちろん、鹿肉や鴨肉、熊肉までをも素材とした大胆で創造的なメニューはここでしか味わえない味です。

おススメは「みそ味の山賊鍋(鹿・カモ・鶏)」二人前3300円です。

住 所:富良野市日の出町3-22

電 話:0167-39-2345

時 間:11時30分~22時30分

休 日:無休

駐車場:40台

 

「春ちゃん寿司」

タレに白ワインをブレンドした、ふらのワイン寿し1450円が人気です。

富良野特産野菜やエビなどの魚介からだしをとった寿司屋のラーメンや、富良野ホワイトチーズを粉雪風に飾ったマグロやイカなどのネタとチーズの風味が微妙にマッチした、粉雪チーちらし1030円なども定評があります。

おススメは「寿しラーメンセット」1030円がお得です。

住 所:富良野市本町2-18

電 話:0167-22-3235

時 間:11時~21時30分

休 日:第1・2・3日曜日

駐車場:20台

 

「そば処 小玉家」

昭和51年に創業した、地元に愛されるお店です。

豊富でボリュームあるメニューが特徴で、夏期は梅天おろしそば980円をはじめとした梅シリーズがさっぱりしていて人気です。

特大えび天そば1530円の丼からはみ出るエビは食べ応え満点です。

海外からの観光客にも人気があります。

住 所:富良野市幸町5-1

電 話:0167-23-1234

時 間:11時~20時30分

休 日:火曜日

駐車場:35台

 

個性派の富良野グルメを満喫する北海道旅行記でした。

みなさんも、お好みのお店を探してみてくださいね!

 

この記事が、みなさまの旅の計画のお役に立てれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。