旅してますか?旅が好きですか?

こんにちは、旅のみかたヒロヒロです。

今回は、北海道旅行の定番、函館タウンを満喫する北海道旅行記です。

見て!食べて!函館タウンのマストを満喫する定番の人気スポットを紹介します!

 

函館市内は観光客や地元の人に親しまれている市電を利用して観光を楽しみたいですね!

函館名物のグルメや歴史と文化を感じられる建物など、函館市内には見どころがいっぱいです。

 

旧函館区公会堂

 

明治43年(1910)に区民の集会所として建造されました。坂を見下ろす堂々たる洋館で、青と黄色のパステルカラーの建物で、瓦を使った屋根など和洋折衷の意匠です。大正天皇が皇太子殿下の時に滞在した貴賓室や舞踏会が開かれた大広間などは当時の華麗な雰囲気が残ります。

住 所:函館市元町11-13

料 金:入館300円

時 間:9~19時

休 日:無休

駐車場:周辺駐車場利用

 

八幡坂

数々の映画にも登場したことのある坂です。坂の下の函館港と摩周丸を望む構図は、港町・函館を代表する風景です。

住 所:函館市元町(カトリック元町教会沿い)

 

カトリック元町教会

大三坂の上に立つ、八角屋根の先頭が目印のゴシック様式のカトリック教会です。大正13年(1924)の建造で、とがった屋根の大鐘楼や内部の祭壇は必見です。これらは壁の聖像とともに、当時のローマ教皇から送られたものです。

住 所:函館市元町15-30

料 金:拝観無料

時 間:10~16時

休 日:年末年始

駐車場:周辺駐車場利用

 

函館ハリストス正教会 

異国情緒が漂う函館を代表する白壁と緑の屋根が美しい建物として知られる教会です。建物の屋根に付いたクーポル(ドーム状の小さな塔)が特徴的です。週末などの祈祷の際には、美しい鐘の音が響きわたります。

住 所:函館市元町3-13

料 金:拝観献金200円

時 間:10~17時

休 日:無休

駐車場:周辺駐車場利用

 

金森赤レンガ倉庫

明治浪漫溢れるベイエリアのシンボルで、明治期に建てられた金森倉庫群を利用した人気スポットです。函館ヒストリープラザ、金森洋物館、BAYはこだて、金森ホールの4テーマ7棟が並び、異国情緒を感じながらショッピングや食事が楽しめます。

住 所:函館市末広14-12

時 間:9時30分~19時

休 日:無休

駐車場:79台

 

金森ベイクルーズ

5分で周遊するクルーズです。 海から見る函館山や五稜郭タワー、間近で見る函館ドックなど、ここでしか味わえない風景です。

住 所:函館市豊川町11-5

料 金:乗船1500円

時 間:10時~17時

休 日:4~11月営業中無休

駐車場:100台(金森赤レンガ倉庫駐車場利用、乗船客2時間無料)

 

函館山ロープウェイ・函館山山頂展望台

函館山は牛が横たわっているかのような形をしていることから臥牛山とも呼ばれています。山頂からの眺めは夜景が有名ですが、昼間の眺めも最高です。

住 所:函館市元町19-7(ロープウェイ山麓駅)

料 金:ロープウェイ往復1280円

時 間:10時~22時

休 日:無休(メンテナンス休あり)

駐車場:100台(ロープウェイ山麓駅)

 

五島軒本店

函館を代表する老舗レストランです。本店内の「レストラン雪河亭」は、明治12年(1879)創業の五島軒ならではの明治・大正のエレガントな雰囲気です。看板メニューはイギリス風ビーフカレー。アップルパイはお土産として大人気です。

住 所:函館市末広4-5

時 間:11時30分~20時30分

休 日:無休

駐車場:70台

 

函館朝市 どんぶり横丁市場

海鮮丼を堪能するならここですね!活気あふれる「函館朝市」の一角に新鮮な海産物、ラーメンなどの名物が味わえる食堂などが集合しています。なかには生簀を持ち、活魚介を取り扱っている店もあります。

住 所:函館市若松町9-15

時 間:店舗による

休 日:店舗による

駐車場:350台(1時間250円、2100円利用1時間無料)

 

函館ひかりの屋台 大門横丁

函館駅からすぐにある屋台村です。26店舗が軒を連ねるレトロな雰囲気の屋台村です。新鮮な海の幸を扱う寿司や炉端から中華風居酒屋、ジンギスカン、ラーメン、焼き鳥まで多種多様な店が揃い、食べ歩きや吞み歩きが楽しめます。

住 所:函館市松風町7

時 間:店舗による

休 日:店舗による

駐車場:なし

 

函館ラーメン

函館ラーメンのおススメはこちらから。僕の個人的なおススメです。

北海道旅行記「函館ラーメン」ご当地ラーメン何食べる?

 

見て!食べて!函館タウンのマストを満喫する定番の人気スポットを巡る北海道旅行記でした。

 

この記事が、みなさまの旅の計画のお役に立てれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。