旅してますか?旅が好きですか?

こんにちは、旅のみかたヒロヒロです。

おすすすめのレンタカードライブを紹介する北海道旅行記です。

 

北海道旅行で、おすすすめの1dayドライブの紹介です。

今回は、北海道旅行で亀田半島を中心に函館郊外を反時計回りにめぐるおすすめの道南ドライブコースです。爽快な海の景色と雄大な山の景色の両方を楽しめる人気のドライブコースです。

 

夏の北海道旅行といえば、やっぱりドライブですよね。

北の大地「でっかいどう」を思いっきり楽しめる初夏から初秋の時期に、レンタカーで回れるおすすめのドライブコースを起点となる空港別にまとめました。

おすすめの北海道のドライブコースは、日帰りコースと1泊2日コースでまとめましたので、2泊3日以上のドライブ旅行を計画しているひとは、目的地別に組み合わせてみてください。

 

それでは、旅のみかたのスタートです。

 

前半は、国道278号のシーサイドドライブを楽しみましょう!

途中、活火山の恵山散策や地元の人気レストランでランチを取りましょう。さらに見学と休憩を兼ねて道の駅に立ち寄り、お土産もゲットしましょう!

午後は、駒ケ岳を眺めながら道道43号で、大沼・小沼に向かいます。小さな島が浮かぶ美しい風景を堪能したら、雄大な景色が広がるきじひき高原パノラマ展望台へ向かいます。

最後は、函館山山頂展望台で夜景を満喫しましょう!

 

走行距離は、約175kmで、

所要時間の合計は、約7時間50分です。

 

函館空港(スタート!)】⇒道道63号、国道278号、道道635号など約1時間⇒

恵山(所要約45分)】⇒道道635号・国道278号など約45分⇒

寿しレストランひでちゃん鮨(所要約45分)】⇒国道279号、道道43号など約30分⇒

道の駅 しかべ間歇泉公園(所要約30分)】⇒国道278号、道道43号など約30分⇒

大沼・小沼遊歩道(所要約1時間)】⇒道道43・338号、国道5号、道道96号、国道227号など約30分⇒

きじひき高原パノラマ展望台(所要約20分)】⇒国道227・5・279号、道道675号など約40分⇒

函館山山頂展望台(所要約30分)】⇒道道675号、国道279号など約5分⇒

函館市内(ゴール!)

 

恵山】:標高618mの活火山で、噴煙をあげる姿が迫力満点 一帯にはハイキングコースが設置されていて、恵山山頂まで往復2時間半の権現堂コースが人気 賽の河原付近では、お地蔵さんや小石が積み上げられた風景が見れる 散策自由

【お役立ち情報】

恵山の火口原駐車場に向かう手前にある海峡展望台からは、晴れた日には下北半島が遠望できます。

寿しレストランひでちゃん鮨】:地元に親しまれている人気のレストラン 寿しからラーメン、丼物、うどん・そば、定食など多彩なメニューが揃う

 

道の駅 しかべ間歇泉公園】:高さ15mに達する間歇泉を中心とした公園に併設された道の駅 地球の鼓動を感じる間歇泉が魅力 公園入園料300円

大沼・小沼遊歩道】:約50分で大沼湖の島々を歩いて巡る島めぐりの路コースが人気 大沼や駒ヶ岳を眺めながらゆっくり散策が楽しめる 散策自由

きじひき高原パノラマ展望台】:きじひき高原の標高560mに位置し、駒ケ岳や大沼・小沼から函館山、津軽海峡までを眺望する人気のビュースポット 半径3000mの巨大な弧を描く北海道新幹線の高架橋の眺めは鉄道ファンでなくても必見

【函館山山頂展望台】:標高334mの函館山山頂にある展望台 函館山は牛が横たわっているかのような形をしていることから臥牛山とも呼ばれている 山頂からの眺めは夜景は世界屈指といわれる 函館観光の必見カボット 昼間は函館市街を一望する眺めが素敵 入場無料(ロープウェイ往復料金1,280円)

 

北海道の道南の人気スポットをお手軽に巡ることができる人気のドライブコースです。

 

この記事が、みなさまの旅の計画のお役に立てれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。