旅してますか?旅が好きですか?

こんにちは、旅のみかたヒロヒロです。

今回は、北海道旅行で、一度は訪れたい旭山動物園の紹介です。

旭山動物園のみどころを大公開する北海道旅行記です。

 

北海道旅行の定番、独自のアイデアを凝らした展示方法や、ユニークな施設が大人気で、全国でもトップクラスの入場者数を誇る旭山動物園のみどころを大公開します。

 

旭山動物園の魅力といえば・・・

①行動展示がおもしろい!

それぞれの動物の習性に合わせ、野生の能力を引き出す展示の工夫がされていて面白い!

②迫力満点の「もぐもぐタイム」

動物たちにエサを与える「もぐもぐタイム」、飼育スタッフによる動物の解説が楽しい!ホッキョクグマがエサめがけてダイビングする姿は大迫力!

③アイデア満載!手作り看板

飼育スタッフの手作り看板が園内の随所に掲示されいて、日頃から動物に接している担当者ならではの目線に「なるほど!」連発!アイデア満載の看板です!

 

それでは園内を見て回りましょう!

動物園の無料駐車時用がある東門から入園します。

園内は高低差が結構あるので無計画に見て回るととても疲れますよ!

東門は園内で一番高いところにあります。

先ずは、ひたすら下って「かば館」を目指します。

 

「かば館」・・・

水の中を散歩するかばの百吉を見ることができます。

かばが水中を歩いている姿や泳いでいる姿を下から見上げることができますよ!(空中散歩って感じ!)

View this post on Instagram

#旭川 #asahikawa #hokkaido #旭山動物園 #asahiyamazoo #カバ #hippopotamus #でかい #カバとサイを間違える #時があるのって #私だけでしょうか #北海道旅行

A post shared by Katy Adams (@katy_lib) on

「きりん舎」・・・

エサを求めて下から見上げるきりんの姿が迫力満点!

エサをとろうとしている舌の動きが凄すぎです。(不気味すぎ!)

「あざらし館」・・・

直径1.5mの透明な円柱水槽「マリンウェイ」をゴマフアザラシがゆっくり通るシーンが見られます。

目の大きい愛らしい表情のアザラシを至近距離で見ることができますよ!

「ぺんぎん館」・・・

東山動物園のシンボル的な存在「空飛ぶペンギン」を見ることができます。

水中トンネルでは、下から見上げたペンギンが本当に空を飛んでいるようです!

ペンギンたちの泳ぐ姿が360度、あらゆる角度から見られる水中トンネルが素晴らしいですねぇ!

「ほっきょくぐま館」・・・

「もぐもぐタイム」では、大きなホッキョクグマが水中に飛び込む大迫力の姿が見れます。

アザラシ気分で低い目線からホッキョクグマを間近で観察できるシールズアイが凄すぎです!

「もぐもぐタイム」では水槽に近い位置は人気なので早めに場所を確保しておきましょう!

「小獣館」・・・

レッサーパンダが吊り橋を渡る姿を見ることができます。

頭上渡る姿が愛らしいですね!

「もうじゅう館」・・・

珍しいユキヒョウの姿がみられます。

「オオカミの森」・・・

かつて北海道各地に生息していたエゾオオカミの生態が垣間見れます。

「エゾシカの森」・・・

「オオカミの森」に隣接していて、オオカミとエゾシカがお互いを意識して暮らす姿が見られます。

「タンチョウ舎」・・・

タンチョウの好む湿原を再現した放飼場です。

「北海道産動物舎」・・・

ワシやタカ、フクロウなどの猛きん類や小型鳥類、小型哺乳類が展示されています。

「チンパンジーの森」・・・

地上5mの高さに設けられた「スカイブリッジ」から、ロープや遊具を伝い歩きするチンパンジーが間近で見られます。

「オランウータン舎」・・・

高さ17mの塔に張られたロープ上を伝い歩くオランウータンはやはり「森のひと」ですね!

「くもざる・かぴばら館」・・・

クモザルは陸上に、カピバラは水中と、上手に住み分けしていますね!

 

ひと回りすると東門近くに戻ります。

地元の方に教えてもらった効率のよい回り方です。

 

今年の夏は、北海道旅行の定番観光スポット、旭山動物園に出かけましょう!

 

この記事が、みなさまの旅の計画のお役に立てれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。