旅してますか?こんにちは、旅のみかたヒロヒロです。

今回は、レンタカーで北海道の最北端・最南端・最東端・最西端を巡る北海道旅行記です。

 

旅って、いいですよねぇ~。夫婦ふたりで、旅行に出かけるのが大好きです。

今年の夏に、レンタカーで北海道一周の計画を北海道旅行記としてまとめてみました。

北海道旅行記「レンタカーで北海道一周計画!」」「北海道旅行でやりたい8つのこと」の第6弾が、「最北端・最東端・最南端・最西端に行く!」です。

 

先ずは、北海道の「最北端」「最東端」「最南端」「最西端」、それぞれの場所と行き方を確認をします。

「最北端」

場 所:宗谷岬(北海道稚内市にあります)アイヌ語で「ノ・テトゥ」と呼ばれていて、顎岬・鼻岬の意味があります。

行き方:国道238号線から宗谷岬公園に直接入り、駐車場で降りれば公園内から岬の先端が見渡せます。宗谷岬公園内に「日本最北端の地」と記された北極星をモチーフにしたモニュメントが建っています。付近に江戸時代の探検家・間宮林蔵の像もあります。

「最東端」

場 所:納沙布岬(北海道根室市にあります)地名の由来は、アイヌ語の「ノッ・サム」からで岬の傍らの意味があります。

行き方:根室半島を北海道道35号線で納沙布灯台を目標に進み、納沙布灯台前の駐車場で降りて、歩いて灯台の先まで進むと岬の先端が見渡せます。晴れた日には、貝殻島や国後島などが見渡せ、運が良ければアザラシやラッコの姿も見ることができます。

「最南端」

場 所:白神岬(北海道松前郡松前町にあります)※調べる前は襟裳岬が最南端だと思い込んでいました。(ゴメンネ・ゴメンネェ~)

行き方:国道228号線沿いの駐車場で降りれば岬の先端が見渡せます。北海道最南端の石碑があり、津軽海峡越しに津軽半島が見えます。

View this post on Instagram

国道沿いにあり、アクセスはしやすいです。本州最北端の大間崎より南にあります。 【北海道松前町】 #白神岬 #北海道最南端 #最南端

A post shared by とっ℃ (@toddegree) on

「最西端」

場 所:尾花岬(北海道久遠郡せたな町にあります)

行き方:北海道道740号北檜山大成線から外れたところにあり、太田トンネルを出た辺りから岬が見渡せます。先端部へは海岸線を歩いて行くことになり危険をともないます。※実際に歩いて行ったひとのブログ記事を読んだら、サバイバル経験者に限るみたいなことが書いてありました。(ヤバスギィ~)

 

「最南端」白神岬と「最西端」尾花岬は、2日目の函館から積丹へ移動する途中に行くことにします。旅行の全体スケジュールを組んだときに「最南端」が襟裳岬だと思い込んでいたため、白神岬は予定に入っていませんでした。移動距離と時間が大幅に長くなりますが、当日の朝の体調と相談して最終決定したいと思います。(ガンバァ~)

「最北端」宗谷岬は、5日目に稚内から知床へ移動する朝に寄ることにします。

「最東端」納沙布岬は、7日目に阿寒湖から根室へ移動するときに、足を延ばして向かうことにします。

 

「北海道旅行でやりたい8つのこと」の第6弾「最北端・最東端・最南端・最西端に行く!」は、かなりハードな移動になりそうですが、できる限り頑張ってみます。(チョ~ヨワキィ~)

 

「北海道旅行でやりたい8つのこと」のまとめ記事はこちらからご覧ください。

北海道旅行記まとめ記事「北海道一周ドライブ旅行でやりたいこと!」

 

実際にどうなったかは、8月ころにブログで記事を書きますのでお楽しみにしてください。

 

この記事が、みなさまの旅の計画のお役に立てば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。