旅してますか?旅が好きですか?

こんにちは、旅のみかたヒロヒロです。

おすすすめのレンタカードライブを紹介する北海道旅行記です。

 

今回の北海道旅行記レンタカードライブは、とかち帯広空港を起点に、帯広周辺の見どころと日本一でっかい牧場を巡る十勝周遊のドライブコースです。

 

夏の北海道といえば、やっぱりドライブですよね。

北の大地「でっかいどう」を思いっきり楽しめる初夏から初秋の時期に、レンタカーで回れるおすすめのドライブコースを起点となる空港別にまとめました。

おすすめの北海道のドライブコースは、日帰りコースと1泊2日コースでまとめましたので、2泊3日以上のドライブ旅行を計画しているひとは、目的地別に組み合わせてみてください。

 

それでは、旅のみかたスタートです。

 

ドライブコースは、帯広を含む十勝エリアの魅力を満喫する周遊コースです。まずは、幸福駅を目指して出発です。旧国鉄時代に一世を風靡した駅で記念の切符をゲットしましょう!次にのどかな風景が続く道道62号を走り、中世のお城のような建物のワイン城(十勝ワイン)を訪れます。ここからは士幌方面に向かって北上し、ナイタイ高原牧場に向かう途中に、日帰り入浴施設や足湯がある道の駅しほろ温泉で一休みします。コースの最大の見どころ、ナイタイ高原牧場は公共牧場としては日本一の広さを誇り、見渡す限りの草原は圧巻です。最後は国道241号経由で帯広に戻り、ばんえい十勝/帯広競馬場でレースを観戦します。4月下旬~11月下旬ならナイター競馬が楽しめますよ!

 

走行距離は、約209kmで、

所要時間の合計は、約9時間40分です。

 

とかち帯広空港(スタート!)】⇒道道109・1157号、地方道など約10分⇒

幸福駅(所要約20分)】⇒地方道、道道1157・109・62号、国道38・73号など約1時間15分⇒

ワイン城(十勝ワイン)(所要約1時間)】⇒道道73号、国道242号、道道806号など約40分⇒

道の駅 しほろ温泉(所要約1時間)】⇒道道134号、国道241号、道道806号など約45分⇒

ナイタイ高原牧場(所要約1時間)】⇒道道806号、国道241号など約1時間20分⇒

ばんえい十勝/帯広競馬場(所要約1時間30分)】⇒地方道、国道236号、道道109号など約40分⇒

十勝帯広空港(ゴール!)

 

幸福駅】:誰もが幸せになれる駅舎跡 「愛の国から幸福へ」のフレーズで有名になった旧国鉄広尾線の駅 現在は鉄道公園として、2013年11月にリニューアルされた駅舎と当時使用していたディーゼルカー・プラットホームが展示されている 売店で販売している「幸福ゆき」の切符220円が人気 見学無料

ワイン城(十勝ワイン)】:中世のお城を思わせる建物が印象的 長期熟成し、北国ならではの酸味豊かな味わいが特徴の十勝ワイン 工場見学や試飲(ともに無料)ができるほか、ショッピングや食事も楽しめる 敷地内にあるDREAMS COME TRUEの記念館も人気で、オリジナルクッズも販売している 見学無料

道の駅 しほろ温泉】:湯めぐりでリフレッシュ モール温泉で旅の疲れを癒せる道の駅 無料の足湯や日帰り入浴を楽しんで、レストランで地場産食材の四季の味覚が味わえる ハスカップジャムなどの地場産品のお土産が買える

ナイタイ高原牧場】:見渡すかぎりの大草原に癒される 総面積1700ha、東京ドーム358個分という公共牧場としては日本一の広さを誇り、牧場上部にある展望台からの眺めは格別 見学無料

(旅の小ネタ)夏は、牧場の緑が清々しく、牛などの放牧風景を楽しむのに最適です。

ばんえい十勝/帯広競馬場】:「ばんえい競馬」は、体重1トンを超える馬が騎手を乗せた鉄ソリを引いて障害を越え、力とスピードを競う、世界で唯一の競馬 開拓時代の農耕馬の祭典だったレースが、今も帯広競馬場で見られる 旅行者でも、開催日なら入場料を払って中に入れば馬券を買ってレースを楽しめる 迫力あるレースで、アツいひとときを過ごせることまちがいなし 毎年4月下旬~11月下旬にはナイター開催 入場料100円

(旅の小ネタ)帯広名物豚丼 ボリューム満点 コスパも抜群のどんぶり!

【お役立ち情報】

4月下旬から北海道ガーデン街道の観光ガーデンが開園

詳細はこちらからご覧ください。

 

北海道旅行記「北海道ガーデン街道」1泊2日レンタカードライブ!

 

 

 

今回の北海道旅行レンタカードライブは、日本一びっぐな牧場と帯広・十勝を周遊するドライブコースでした。

 

この記事が、みなさまの旅の計画のお役に立てれば嬉しいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。